消防法で定められた危険物保管庫を建設するときの基準

消防法で定められた危険物保管庫を建設するときの基準

危険物保管庫を建設するときには、建設基準法や消防法などそれぞれの法律に準拠する形で設計を行う必要がありますが、消防法では構造と設備、位置における基本的なルールが設けてあります。
そもそも危険物保管庫は危険物に指定されるモノを保管する施設ですから、爆発や健康被害など色々なリスクを持つ薬品などが倉庫内に保管されることになります。
そのため、住宅地の一角にこのような施設を作ることは周辺住民に不安を与えてしまう恐れがありますので住宅地の中はもちろん、学校や病院などのような保安対象物に応じた保安距離を確保することが必須です。
これに加えて、危険物の指定数量倍数に応じた保有空地の確保も求められます。
ちなみに、保有空地は火災が発生した際に周辺の建物や木々などに火が燃え移らないよう確保すべき空地です。
さらに、このような空間は消防隊員がスムーズに消火活動ができるなどの意味合いもあります。
他にも、指定数量が10倍以上では避雷設備を設ける、引火天が70度以内の危険物では蒸気排出設備の設置などが必要です。

危険物保管庫の保有空気のルールや建築物の構造について

危険物保管庫は、保有空地と呼ぶ火災が発生したとき消火活動を円滑に行うことができるスペースを確保する必要がありますが、これは被害を最小限に抑えるためにも確保しなければなりません。
ただ、危険物保管庫をこれから建設するとなったとき、保有空地の面積がどのくらい必要になるのか分からない人は多いといえましょう。
これは指定数量の倍数などに応じて規定が設けてあり、指定数量の倍数が10を超えて20以下の場合は2m以上もしくは3m以上のいずれかが適用されます。
2mになるのかそれとも3mになるのか、これは危険物保管庫の壁・柱・床が耐火構造の場合は2m以上で、それ以外の建造物は3m以上になります。
なお、危険物保管庫は軒の高さが6m未満で平屋の建造物、床面積は1,000㎡以下で屋根には軽量金属板などの不燃性材料を使う、窓には網入りガラスを用いて爆発のときの被害を抑えるなど建造物の構造における基準も見たいしている必要があります。

に関する情報サイト
危険物保管庫について解説します

街中や湾岸地域でも目にできる物流倉庫は、あらゆるモノを保管・貯蔵をする施設です。ここから各地に運ばれて活用をされますが、なかには危険物を取扱うケースもあります。その際は危険物保管庫という場所で徹底した管理下に置かれますが、この倉庫は通常の施設と違ってさまざまな規制を法律で設けているのが基本です。これから業務にあたるという方もおおいでしょうが、ここで初心者でもわかりやすい解説をおこなっていきましょう。

Search