様々な法律で規制が設けてある!危険物保管庫を初心者にも分かりやすく解説

街中や湾岸地域でも目にできる物流倉庫は、あらゆるモノを保管・貯蔵をする施設です。
ここから各地に運ばれて活用をされますが、なかには危険物を取扱うケースもあります。
その際は危険物保管庫という場所で徹底した管理下に置かれますが、この倉庫は通常の施設と違ってさまざまな規制を法律で設けているのが基本です。
これから業務にあたるという方もおおいでしょうが、ここで初心者でもわかりやすい解説をおこなっていきましょう。

様々な法律で規制が設けてある!危険物保管庫を初心者にも分かりやすく解説

危険物保管庫には法律が適用をされており、細かい区分の規制を設けています。
危険物保管庫を所有した際は必ず監督官を在籍されて、毎日業務日誌を記録しないといけません。
危険物とひとことにいってもさまざまなものがあり、そのモノに見合った設備も必要です。
シンナーやアルコールの場合は可燃性物質となるので、消火設備を用意しないといけません。
防火シャッターに消火器のほか、スプリンクラーを法律に見合った個数で設置をしましょう。

そもそも危険物保管庫とは?法律で危険物に指定された物質の保管施設の総称

そもそも危険物保管庫とは何かと言えば、法律で危険物に指定された物質の保管施設のことです。
それは当たり前でわざわざ説明してもらうまでもないと感じる人が大半のはずですが、では危険物保管庫に保管される危険物とは何でしょう。
先に書いたように感じた人であっても、この点で誤解している人はいくらでもいます。
日常的に危険な物質や物品といった場合、もし誤って人体に浴びてしまったり間違って飲み込んだりすると命に関わることもあるものと思う人は多いでしょう。
あるいは、誤って外部に漏れたり飛散したりすると環境に深刻な影響を及ぼすものと思う人もいるはずです。
前者では例えば塩酸や青酸カリなどが思い浮かびますし、後者の例では放射性物質があったりします。
ですがここで言う危険物とはそういうものではなく、火災とか爆発などの危険性がある物品とされています。
つまり、ガソリンとか灯油・アルコールなどがその代表的なものになるわけです。

危険物保管庫に定めが行われている法律には何がある?

危険物保管庫は、都市計画法や建築基準法、消防法や港湾法など設計に関する届出や法令が定められています。
港湾法は海沿い地域で危険物保管庫を建設する際に関与する法律になるのですが、臨港地区および臨港地区内の土地利用に関する区分です。
このような地域は建築基準法の用途地域の規定が適用されないため、港湾法に基づいた市区町村の条例で臨港地区内の区分および建設可能にする建築物の用途の指定が行われているといいます。
建築基準法の場合は、危険物の製造および貯蔵量などを用途地域で規制を行っていて、規制がない用途地域は少なくて工業地域と工業専用地域は規制が設けられていないなどの特徴があります。
なお、危険物保管庫の建設で最も重視される法律が消防法です。
危険物の定義が行われていることや危険物保管庫の規模や設置場所などの位置、建物構造など細かな基準が消防法の中で規定が行われていて、これに準拠する形で設計を行うことや消防との協議も欠かせません。

危険物保管庫を建設するためには消防との細かな協議が必要

住んでいる地域の中に危険物保管庫が建設される、このような話題を耳にすると誰もが爆発や悪臭などのような不安を感じるのではないでしょうか。
最も住宅地の中心部分などに設置されることはありませんし、住んでいる人々が危険な状態になることはないので安心です。
この安心を与えてくれるのが危険物保管庫を規制する建築基準法や消防法などの法律で、危険物保管庫を作るときにはこれらの法律に準拠することが前提条件になります。
消防法は、危険物を定義して指定数量以上の危険物の貯蔵や取り扱いの制限を設けている法律です。
ただし、指定数量未満の危険物の貯蔵や取り扱いについては火災予防条例などのような市区町村の条例の中で制限が行われているようです。
なお、危険物保管庫の建設では消防と詳細レベルでの協議を行うことが義務付けられているのですが、これは消防による計画上での審査に相当するもので、専門的な知識も必要になるので専門家への相談をされるケースは多いといいます。

危険物保管庫に保管する物質の中には災害に繋がる危険性を持つものも

危険物保管庫に保管する物質の中には、災害に繋がる危険性を持つものもあります。
もちろん被害の程度は保管量とかその他の状況にもよるでしょうが、危険物保管庫で取り扱われる物は、基本的に全て火災とか爆発のリスクを有しているものばかりです。
その代表的なものはガソリン・石油・灯油・アルコールのような可燃性の液体物です。
これらは火気があると発火しやすいですし、状況によっては爆発的に燃焼することもあり非常に危険なことは言うまでもありません。
また、それほど一般的ではありませんが爆薬にも使われることのあるニトロ化合物などは、分子内に酸素を持っておりいったん火がついて反応が進み始めると、空気中の酸素がなくても勝手に反応してしまうものがあります。
これでは当然消火活動も困難で、より大きな被害を及ぼす可能性があるわけです。
このように、大きな災害に繋がる危険性を持つものもありますので、保管や管理には十分に気を付けなければなりません。

に関する情報サイト
危険物保管庫について解説します

街中や湾岸地域でも目にできる物流倉庫は、あらゆるモノを保管・貯蔵をする施設です。ここから各地に運ばれて活用をされますが、なかには危険物を取扱うケースもあります。その際は危険物保管庫という場所で徹底した管理下に置かれますが、この倉庫は通常の施設と違ってさまざまな規制を法律で設けているのが基本です。これから業務にあたるという方もおおいでしょうが、ここで初心者でもわかりやすい解説をおこなっていきましょう。

Search